白雪洗顔って一体どんなところがすごいの?洗浄効果は?

白雪洗顔って一体どんなところがすごいの?洗浄効果は?

 

白雪洗顔の大きな特徴といえば、ホワイトクレイという泥炭を使用して、やさしく毛穴汚れを吸着して汚れをスッキリ落とす洗浄効果です。

 

ホワイトクレイってなに?

北欧やフランスなど湖底から取れる真っ白な泥炭で、数千年もかけて植物などが溜め込んでできる貴重なものです。

 

長年かけてじっくりと生成されてきたその泥には、カオリンを主成分としたミネラルがたっぷりと詰まっています。

 

また、肌の美容に良いミネラル類だけじゃなく、花・植物・果実のエキスなどオーガニックにこだわった洗顔料で、それに加えて王道の保湿成分『プラセンタエキス、ヒアルロン酸、コラーゲン』を配合しています。

 

一般的な洗顔料は油分をガッチリと落とす効果は高いんですが、その分必要な皮脂や水分まで落とすことも…

 

また、必要な皮脂は肌を守る為に大切な役割を持っているので、落としすぎるのはNG!

 

洗い上がりの肌がつっぱる・乾燥するなどトラブルが起きやすいです。

 

でも、白雪洗顔の場合は洗いつつも保湿する効果が高いので、洗い上がりのスッキリ感と肌の潤い具合のバランスがうまく取れる絶妙な洗い上がりを実感できます。

 

■一般的な洗顔料
 → 界面活性剤が油分と水分を混ぜて汚れを落とす
 → 必要な皮脂や水分を落としてバリア機能を壊す可能性あり

 

■白雪洗顔
 → ホワイトクレイが皮脂などの毛穴汚れを吸着して落とす
 → 肌の水分量を落としすぎずに保湿成分で潤いを与える

 

逆に言えば、洗浄効果がすごい高いというわけじゃないので、皮脂の分泌量が多い10代の方にはあまり合わないかもしれません。

 

白雪洗顔は白塗り(脱色)洗顔じゃないの?

使えば使うほど肌の黒い部分が抜けて肌が白くなっていく…そんなのをイメージしていませんか?

 

まるで、髪の毛に使う染毛剤のように、脱色して白くする美白化粧品…残念ながら白雪洗顔はそういった製品じゃありません。

 

そういった美白というのはリスクがつきもので、最悪まだらに肌が白くなる白斑になる可能性だってあります。

 

 

白雪洗顔は

 

・保湿効果で潤いを与えつつ適度な汚れを落とす(肌を整える)
・毛穴詰まりやニキビ菌を落として黒いブツブツトラブルを避ける(皮脂の酸化による黒ずみを未然に防ぐ)

 

といった作用によって、肌のキメを整えて光沢感のある明るい肌を目指す商品です。

 

白の絵の具で塗りたくる感じでも、脱色して白くするわけでもありませんが、肌の調子(ターンオーバー)が整っていけば、自然と明るい美肌に近づくことは十分可能です。

 

白雪洗顔はそのサポートをしてくれる白石鹸です。

 

即効性には欠けますが、諦めずに毎日継続できる方にならオススメできる商品ですよ(^ ^*)

 

>>白雪洗顔の効果は?わたしの体験口コミ!